(*゚∀゚)つーは電気あんまを掛けられるようです 第七話
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑

68 名前: ◆/dL/7..5tY :2007/12/14(金) 16:55:32.37 ID:nTXJzEEJ0
(*゚∀゚)「~♪」

雨上がりの午後、優雅なティータイム。
野暮なハインは買い物中。


(*゚∀゚)(やっぱ砂糖は3袋ぐらい入れないと飲めないよなー)

大きな窓の横の椅子に腰掛け、無駄に綺麗な庭を眺める。


(*゚∀゚)(業者も大変だな、こんな庭の手入れ…)

そんな事を考えながら、ミルクと砂糖たっぷりの紅茶を一口――


(;*゚∀゚)「あちっ!」

――飲めなかった。


(*゚∀゚)「ふー、ふー…
     …よし、これぐらいでいいかな?」

温度まで下がってしまい、完全に風味の失われた紅茶を一口。


(*゚∀゚)「…うん、甘い」

つーにとっては、心安らぐ至福の一時である。

69 名前: ◆/dL/7..5tY :2007/12/14(金) 17:00:34.01 ID:nTXJzEEJ0
――。

(*゚∀゚)「…しっかし、暇だな…」

ハインが買い物に出かけてから1時間。
夕食を買ってくるだけなら、普通はそんなに時間も掛からない。


(*゚∀゚)「よし、和室行こう。
     やっぱ暖炉より炬燵だよなー」

つーはティーカップもろくに片付けず、和室に走った。
あちこちのドアも、和室のふすま以外は開けっ放しで。


(*゚∀゚)「…よし、みかんみかん、っと」

つーは和室に着くと、真っ先に炬燵の電源を入れ、
続いて部屋の隅に置いてあるみかん箱から、みかんを取って持って行く。


(*゚∀゚)「よいしょ、っと」

みかんをコタツの上に置き、コタツに足を潜らせる。


(*゚∀゚)「…うー、早く温かくなんねーかな…」

そしてテレビの電源を点け、コタツの起動を待つ。
――この女、家主が居ないのをいい事にやりたい放題である。

70 名前: ◆/dL/7..5tY :2007/12/14(金) 17:03:16.82 ID:nTXJzEEJ0
――。

从;゚∀从「くそッ、渡辺め!」

一方ハインは、また渡辺に捕まって、予定より30分も帰宅が遅くなってしまった。


从;゚∀从「あぁ、家が心配だ…」

あれ以来、こうなった場合にハインが心配するのはつーでは無く家。


消し忘れた暖炉が――

とか、

開けっ放しのドアや窓から――

等といった言葉が、ハインの脳裏に過ぎる。


从;゚∀从「つーの奴、何度言っても聞かないからな…!」

お気に入りの黒いマフラーを揺らし、ハインは走る。

主に自分の家の為に。

72 名前: ◆/dL/7..5tY :2007/12/14(金) 17:12:06.43 ID:nTXJzEEJ0
――。

(;*゚∀゚)「あー、この時間帯のテレビつまんねー!」

どこを回しても、ニュースやら、興味の無いドラマ再放送やら、子供向けのアニメやら。


(*゚∀゚)「…あ、そうだ!
     テレビが面白くないならゲームをすればいいじゃない、っと」

つーはテレビ棚の下にある四角い箱――ゲー○キューブを取り出す。


(*゚∀゚)「一人でも遊びこめる親切設計のエ○ライドかな…
     …いやしかし、ここは隠れた名作ガチャ○ォースも…」

(#゚∀゚)「…って何でマイナーゲーばっかなんだよ!
     ス○デラとか買っとけよス○デラとかっ!」

つーはぶつぶつと文句を言いながらも、ピ○ミン2をセットする。


(*゚∀゚)「よし、1すらやった事無いけどやってみよ…
     …そういや、2のテーマソングは微妙だったなー。
     日数制限が無いのは嬉しいような悲しいような」

(*゙∀゙)「…あー、かわいい。
     癒される、超癒される…」

つーが弱肉強食の厳しさを知るまで、後数分。

73 名前: ◆/dL/7..5tY :2007/12/14(金) 17:15:38.45 ID:nTXJzEEJ0
――。

从;゚∀从(…畜生ッ!)

家まで僅か1mあるか無いか。

しかし、立ちはだかった壁は大きかった。


川 ゚ -゚)「…この間は油断した所為で負けたが…次はそうは行かない」

从;゚∀从(なんでアタシはこう、面倒事を引き寄せる体質なんだ…!)


川 ゚ -゚)「…どうした、逃げるのか?」

从#゚∀从「だーッ! もうッ!
      いいよやってやるよやりゃぁいいんだろ!」

ハインは、クーに殴りかかる――


川;゚ -゚)「…なっ」

从 ゚∀从「ごめんやっぱ面倒」

――フリをしてクーの横を潜り抜け、家まで一直線。
そのまま鍵を閉めて、逃走に成功した。

74 名前: ◆/dL/7..5tY :2007/12/14(金) 17:18:31.05 ID:nTXJzEEJ0
――。

(;*゙∀゙)「…ふー… まさかあんなに厳しいゲームだとは…」


从;゙∀从「…はぁ… まさかあんな面倒事が重なるとは…」



(;*゚∀゚)「あ…お、お帰り! 遅かったな!」

从;゚∀从「ごめんな、すぐご飯作るから――」


ハインはそう言って、家の中を見渡す。


(;*゚∀゚)「…あははー」

从#゚∀从「――やっぱお前ご飯抜き
      変わりにこいつで食欲無くしてやるよー!」

(;*゚∀゚)「ご、ごめんなさーいッ!」


――この平和な時間が終わるまで、あと――

第七話
「嵐の前のなんとやら」
――END
05/09|未完作品コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

けいめ

Author:けいめ
特に書くことはないです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。