(#゚;;-゚)の旅
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
1 名前:名も無きAAのようです[] 投稿日:2012/06/14(木) 04:34:31 ID:4XuDeT0c0 [1/28]
gdgdと。
2 名前:名も無きAAのようです[sage] 投稿日:2012/06/14(木) 04:35:11 ID:4XuDeT0c0 [2/28]
物心ついたときには、既に旅をしていた。
父が運転するバギーの後部座席で、母の腕に抱かれていたのを覚えている。

ガタゴト、ガタゴト。
古くさい年代物のバギーは、あちこちにガタがきていて、ひどく揺れていたことも、忘れられない。

「そろそろ、落ち着いて暮らす場所を探そうか」

「そうね、この子も大きくなってきたし」

父と母は、そう言って笑いあっていた。

そして、三人の旅は終わった。
穏やかな気候で、よそ者を容易に受け入れ、何よりも安全な国が見つかったのだ。
これ以上、子育てに適した国も無いと思う。

これが、十年前の事。

3 名前:名も無きAAのようです[sage] 投稿日:2012/06/14(木) 04:37:38 ID:4XuDeT0c0 [3/28]
ディア・アバラボーティケの国。

おんぼろなバギーを転がしながら門を区潜ると、そこは。

(#゚;;-゚)「へぇ」

ずいぶんと近未来的な街並みが広がっていた。

(#゚;;-゚)「草原のど真ん中にあるか ら、期待してなかったけど」

これは、ゆっくり休めそうだ、等と独り言ちた。

門番から指定された宿に着くと、荷物を置いてまた街へ。

(#゚;;-゚)「ここは、どういう国なんだろ」

地図を片手にふらふらと、さ迷う。
旅人が珍しいのか、道中何度も声をかけられたが、それは全て若い男だった。
というか若い男以外は、全く見当たらない。
そういう国なんだろうか、などと思案していると、どうやら中央広場に出たみたいだった。

4 名前:名も無きAAのようです[sage] 投稿日:2012/06/14(木) 04:39:03 ID:4XuDeT0c0
(#゚;;-゚)「んん?」

広場には、何やら人が集まっている。
気になって、近くの人に声をかけた。

(#゚;;-゚)「すみません、これは?」

( ´∀`)「これ、とは?」

ああ、失礼と前置きし。

(#゚;;-゚)「外から来たんです。で、この集まりは何かな、と」

旅人さんでしたか、と彼は言った。

( ´∀`)「これは、成人の儀ですよ」

(#゚;;-゚)「成人の儀?」

おうむ返しに尋ねる。

5 名前:名も無きAAのようです[sage] 投稿日:2012/06/14(木) 04:41:02 ID:4XuDeT0c0
( ´∀`)「この国を西側の塀の向こう、そこにもう一つ国がありまして」

( ´∀`)「私たちは、そこで生んで貰ったんです」

( ´∀`)「そして、生まれてすぐ、ここに来ました」

(#゚;;-゚)「……」

( ´∀`)「成人したら、向こうで暮らせるんです」

( ´∀`)「それまでは、ここで教育を受けるんです」

(#゚;;-゚)「成る程」

(#゚;;-゚)「ありがとうございます」

( ´∀`)「私も、今年成人になりました」

( ´∀`)「近いうちに、向こうに行くんです」

(#゚;;-゚)「おめでとうございます」

そう言って差し出した手を、彼は握り返してくれた。

( ´∀`)「ありがとうございます」

6 名前:名も無きAAのようです[sage] 投稿日:2012/06/14(木) 04:42:57 ID:4XuDeT0c0
(#゚;;-゚)「ちなみに、一ついいですか?」

( ´∀`)「なんでしょう?」

(#゚;;-゚)「旅人は、向こうの国に入れますかね?」

( ´∀`)「おそらく、大丈夫だと思いますよ」

追い返されたという話も聞きませんし、と穏やかな彼。

( ´∀`)「そうだ、これを」

(#゚;;-゚)「これは?」

青く光る宝石が着いた銀の小さなネックレス。
過度な装飾はなく、嫌味な感じはしない。

7 名前:名も無きAAのようです[sage] 投稿日:2012/06/14(木) 04:44:44 ID:4XuDeT0c0
( ´∀`)「後から来る友人に、自分の位置を知らせる道具です」

( ´∀`)「私のこの指輪に反応するんです」

彼の指には、小さな橙の宝石がついた指輪があった。

( ´∀`)「私は友人がいないので」

貴方が貰って下さい、と彼は寂しそうに笑った。

( ´∀`)「もし、貴方が向こうに入れら、それを頼りに私を探してくれたら嬉しいです」

(#゚;;-゚)「分かりました、絶対お会いしましょう」

その後、二、三言話して彼とは別れた。
遅くても明日には向こうに入るらしい。
会うのが楽しみだった。


ディア・アバラボーティケの国、終わり。

8 名前:名も無きAAのようです[sage] 投稿日:2012/06/14(木) 04:46:06 ID:4XuDeT0c0
ザボー・チェキャの国。

(#゚;;-゚)「ちょっと、遅くなったかな」

彼と別れて、二日が経っていた。
あのあとすぐに、隣国へと向かおうとしたが、ついにバギーのエンジンが逝ってしまったのだ。

(#゚;;-゚)「もうちょっともてよ、こいつ」

なんて、言いながらフロントを撫でる。
まあ、入国出来たからよしとしよう。

(#゚;;-゚)「にしても、この国は……」

先ほどの国とは違う。
技術的な面は、ほとんど違いがなさそうだが。

(#゚;;-゚)「女の人も、お年寄りもいる」

先ほどの国で、見られなかった光景。

(#゚;;-゚)「まあ、いいか」

とりあえず、宿だ。

9 名前:名も無きAAのようです[sage] 投稿日:2012/06/14(木) 04:47:58 ID:4XuDeT0c0
程々に観光を切り上げ、宿の自室で昼食にありつくことにした。

('、`*川「はい、どうぞ」

恰幅のよいおばさんが、料理を運んでくる。

(#゚;;-゚)「どうも」

('、`*川「いっぱいあるからねー」

いっぱい。
観光で、国を回った時は農作地等は特に見当たらなかったが。はて。
まあ、いいか。

(#゚;;-゚)「頂きます」

10 名前:名も無きAAのようです[sage] 投稿日:2012/06/14(木) 04:50:27 ID:4XuDeT0c0
(#゚;;-゚)「んん?」

これは、なんだろう。
生の肉……?

('、`*川「それは、この国の名物の一つなのよ」

肉のお刺身でねー、と朗らかに笑うおばさん。

('、`*川「このソースをかけて食べると美味しいの」

(#゚;;-゚)「へぇぇ、じゃあそれで。」

はいはい、とおばさん。

(#゚;;-゚)「ふむ」

もぎもぎもぎ。
もぎもぎもぎ。

ちょっと筋っぽいが、美味しい。
やはり、生というだけあって臭みがあるものの。
噛めば噛むほど広がる、柔らかな酸味のおかげで、それほど気にならない。

11 名前:名も無きAAのようです[sage] 投稿日:2012/06/14(木) 04:52:19 ID:4XuDeT0c0
(#゚;;-゚)「美味しいです」

('、`*川「そう、良かったー。じゃあ、次はこれね」

運ばれてきたのは肉団子の入った、赤いシチュー。

(#゚;;-゚)「これ、ベースもお肉系ですか?」

('、`*川「そうなの、よくわかったわねー」

これはねー、血を使っててねー。
と、おばさん。

(#゚;;-゚)「血、ですか」

('、`*川「そ、でも全然臭くないわよ」

確かに、美味しそうな肉の香りがする。

('、`*川「はい、どーぞ」

恐る恐る、スプーンで口に運ぶ。

(#゚;;-゚)「……!」

美味しい。

12 名前:名も無きAAのようです[sage] 投稿日:2012/06/14(木) 04:53:58 ID:4XuDeT0c0
('、`*川「旅人さんは、全く同じ反応するのねえ」

('、`*川「血を使うのって、そんなに珍しいのかしら」

('、`*川「ま、いいわ。私、下にいるから。おかわりが欲しかったら呼んでね」

(#゚;;-゚)「はい」

じゃ、そう言っておばさんは出ていった。

もくもくもく。
もくもくもく。

(#゚;;-゚)「うん、美味しい」

気づけば、お皿がほとんど空っぽだ。大きめの肉団子が一つ、残っているだけ。

(#゚;;-゚)「食べ過ぎは良くないな」

これで、終わりにしよう。
スプーンで、肉団子を半分に。

13 名前:名も無きAAのようです[sage] 投稿日:2012/06/14(木) 04:56:03 ID:4XuDeT0c0
ガチリ、と音がした。

最初は、スプーンに力を入れすぎたのかと思った。
けれど、違う。スプーンは、肉団子の半分程で止まっている。

(#゚;;-゚)「なんだ?」

フォークも使い、解体していく。
と、指輪が現れた。

(#゚;;-゚)「おばさんのかな」

洗って返しておこう、と洗面所へ向かう。
水で肉汁を洗い流すと。

(#゚;;-゚)「……これって?」

その指輪には、見覚えのある小さな橙の宝石が付いていた。

(#゚;;-゚)「あいつのかな」

鞄をあさり、ネックレスを見つける。

(#゚;;-゚)「光ってる」

たれ目の彼の指輪だ。

(#゚;;-゚)「厨房で働いてるのかな」

それが、一番いいんだけど。

14 名前:名も無きAAのようです[sage] 投稿日:2012/06/14(木) 04:57:59 ID:4XuDeT0c0
(#゚;;-゚)「ごちそうさま」

('、`*川「おそまつさま」

(#゚;;-゚)「とても美味しかったです」

('、`*川「それはよかった。張り切ったかいがあったわー」

(#゚;;-゚)「一人でお作りに?」

('、`*川「そうよー。でもあなた、タイミングが良かったわね」

(#゚;;-゚)「タイミング?」

('、`*川「そうそう」

('、`*川「今の時期になると、ちょうど新鮮なお肉が届くのよ」

(#゚;;-゚)「どこからです?」

15 名前:名も無きAAのようです[sage] 投稿日:2012/06/14(木) 05:00:03 ID:4XuDeT0c0
('、`*川「どこって、あなたが昨日までいたところよ」

('、`*川「その塀の向こうの養育所」

(#゚;;-゚)「……」

('、`*川「毎年、この時期になると食べ頃のお肉が来てねー」

おばさんは嬉しそうに笑った。

(#゚;;-゚)「そうですか」

(#゚;;-゚)「ありがとうございます」

('、`*川「どういたしまして」

(#゚;;-゚)「じゃあ、また観光してきます」

('、`*川「ええ、わかったわ。それじゃあ後で」

(#゚;;-゚)「はい、また」

16 名前:名も無きAAのようです[sage] 投稿日:2012/06/14(木) 05:02:05 ID:4XuDeT0c0
('、`*川「あ、そうだ」

('、`*川「もし、このお肉が気に入ったなら、工場に行ったら分けてもらえるかも」

('、`*川「旅人さんだし」

別れ際のおばさんの言葉。

(#゚;;-゚)「工場、ねえ」

地図に目を落とすと、工場はだいたい街の中央にあった。

(#゚;;-゚)「行ってみようかな」

この国に長く留まるつもりはないし。

17 名前:名も無きAAのようです[sage] 投稿日:2012/06/14(木) 05:03:57 ID:4XuDeT0c0
(#゚;;-゚)「ここかな」

目の前の大きな建物には、食肉生産加工所とある。

(#゚;;-゚)「すいません」

( ・∀・)「はいはい、何かな」

門番に、自分が旅人であること、この国で食べた肉が素晴らしく、どうやって生産されてるか気になった事を告げた。

( ・∀・)「成る程、中を見学したいのね」

ちょっと待ってね、と彼は言った。
そして、懐から何やら取り出し、それに向かって喋る。

( ・∀・)「見学希望の旅人さんです。はい、そうです。はい。」

( ・∀・)「ええ、はい。では、そのように」

会話は数分で終わった。

( ・∀・)「許可が出たよ。所長が随伴してくれるって」

( ・∀・)「もう少し待ってね」

(#゚;;-゚)「はい」

19 名前:名も無きAAのようです[sage] 投稿日:2012/06/14(木) 05:05:47 ID:4XuDeT0c0
('A`)「どうも、お待たせしました」

五分程経っただろうか。
ひょろりと痩せた顔色の悪い男性が現れた。

(#゚;;-゚)「いえ、突然すみません」

('A`)「いいんですよ。我が国の素晴らしさを知ってもらういい機会ですし」

薄く笑う所長。

('A`)「では、行きましょうか」

(#゚;;-゚)「はい」

('A`)「足元気を付けて下さいね、中暗いんで」

20 名前:名も無きAAのようです[sage] 投稿日:2012/06/14(木) 05:07:19 ID:4XuDeT0c0
地下へと降る階段は鈍く光っていた。

(#゚;;-゚)「あの」

('A`)「なんでしょう?」

(#゚;;-゚)「この国のお肉って……」

('A`)「我が国の西側と東側には、養育所がありましてね」

(#゚;;-゚)「そうではなく」

('A`)「ふむ、では?」

(#゚;;-゚)「人の肉、ですよね」

('A`)「……」

沈黙。

21 名前:名も無きAAのようです[sage] 投稿日:2012/06/14(木) 05:09:04 ID:4XuDeT0c0
(#゚;;-゚)「東側の国に、また会おうと約束した人がいました」

(#゚;;-゚)「けれど」

('A`)「会えなかったと」

(#゚;;-゚)「ええ、肉団子になったのでは、と」

('A`)「……そこまで分かっていて来られたのですね」

面白い。 所長が呟く。

('A`)「いいでしょう、お見せします」

(#゚;;-゚)「何を……」

('A`)「あれらは、人ではないんですよ」

(#゚;;-゚)「どういう?」

('A`)「見れば、分かります」

いつの間にか階段を降りきっていた。目の前には、大きな扉。

('A`)「この先です」

('A`)「どうぞ」

ぎい、と扉が開く。

22 名前:名も無きAAのようです[sage] 投稿日:2012/06/14(木) 05:11:32 ID:4XuDeT0c0
(#゚;;-゚)「これは?」

その一室にはガラスの筒が、ところ狭しと並んでいた。
足元を仄かに照らす青い電灯。

('A`)「よく見て下さい」

(#゚;;-゚)「!」

そのガラスの筒の中には。

肉の塊。

それは、中途半端に人を型どっていた。

('A`)「お分かりですか」

('A`)「これは、我々の食用として作られたもの」

('A`)「ある程度の大きさになると、分別され東側、もしくは西側の養育所へ運ばれます」

(#゚;;-゚)「……」

('A`)「まあ、これ以上見ても他に面白いことはないですね」

('A`)「場所を変えましょうか」

23 名前:名も無きAAのようです[sage] 投稿日:2012/06/14(木) 05:12:41 ID:4XuDeT0c0
('A`)「さて、それで?」

(#゚;;-゚)「それで、とは?」

('A`)「あなたはどうするおつもりで?」

('A`)「と、言っても」

('A`)「黙って国を出るか」

('A`)「この国で暮らすか、の二択なんですけれど」

(#゚;;-゚)「殺す、という選択肢は?」

('A`)「私が、あなたを?」

(#゚;;-゚)「はい」

('A`)「嫌ですよ、人を殺すなんて」

('A`)「第一、捕まってしまいます」

(#゚;;-゚)「成る程、人ですか。…………では、国を出ます」

('A`)「分かりました」

('A`)「少し待って下さい」

(#゚;;-゚)「はい」

先程から、待たされてばかりだ。

24 名前:名も無きAAのようです[sage] 投稿日:2012/06/14(木) 05:13:43 ID:4XuDeT0c0
('A`)「失礼」

/ ゚、。 /「……」

(#゚;;-゚)「いえ」

所長の後ろに、背の高い青年?がいた。

(#゚;;-゚)「彼は?」

('A`)「これは、監視役です」

監視?何をだろうか。

('A`)「先程のあれを見て、出国された方でね」

どうも、我が国を意図的に貶めて伝える旅人さんがいらっしゃるんですよ、と続いた。

25 名前:名も無きAAのようです[sage] 投稿日:2012/06/14(木) 05:14:51 ID:4XuDeT0c0
('A`)「気にしてたら、仕方がないとは思いますけどね。規則なので」

(#゚;;-゚)「連れていけ、と」

('A`)「そうです」

(#゚;;-゚)「しかし、彼の意思は?」

('A`)「問題無いです、これもあの肉と同じように作られたので」

人じゃないってことか。

(#゚;;-゚)「……」

('A`)「食料を気にする必要はありません」

('A`)「自分でどうにかするくらいの能力は付随してあります」

(#゚;;-゚)「はぁ」

連れて回るのは逆効果な気もするが。
まあ、いいか。

(#゚;;-゚)「もう、行きますね」

('A`)「ええ、お気をつけて」

/ ゚、。 /「……」

26 名前:名も無きAAのようです[sage] 投稿日:2012/06/14(木) 05:16:04 ID:4XuDeT0c0
どれだけ走っただろうか。
あの、草原の真ん中にあった国は見えない。

(#゚;;-゚)「もう、いいかな」

バギーを走らせたまま、彼に尋ねる。

(#゚;;-゚)「あなた、名前は?」

/ ゚、。 /「……ない」

(#゚;;-゚)「そう」

(#゚;;-゚)「これから、北に向かうんだけど」

/ ゚、。 /「……」

(#゚;;-゚)「どうでもいいの?」

/ ゚、。 /「あの国を悪く言わなければ」

(#゚;;-゚)「ふーん。まあ、じゃ、しばらくよろしく」

/ ゚、。 /「……ああ」

無愛想な返事が、風に流れた。

ザボー・チェキャの国、終わり。

27 名前:名も無きAAのようです[sage] 投稿日:2012/06/14(木) 05:16:59 ID:4XuDeT0c0
「なあ、母さん。続きは?」

「あんたがもう少し大人になってからね」

「えー、なんでよ?」

「まだまだ、子供だからねぇ」

「子供じゃねえよ!」

「そういうのは、お化けが怖くなくなってから言いなさい」

「……卑怯だ!!」

「なんとでもいいなさいな」

「うぅ…………」

28 名前:名も無きAAのようです[sage] 投稿日:2012/06/14(木) 05:17:49 ID:4XuDeT0c0
「ただいま」

「ほら、お父さん帰ってきたわよ」

「とーちゃんお帰り!」

「ああ、ただいま」

「ほら、二人でお風呂入っちゃいなさい。そしたら、ご飯だから」

「はーい」

「ん、悪いな」

「いいから、行った行った」


(#゚;;-゚)「ふぅ、いつまでも世話の焼ける……」


終わり
05/10|ファンタジーコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

けいめ

Author:けいめ
特に書くことはないです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。