(´<_` )なんか人を殺したいっつーかそんな感じのようです 六日目
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑

88 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 00:07:25 ID:c6jj5vkY0 [1/13]
(´<_` )「よし」

包丁をカバンに入れる。

後は放課後にしぃを刺すだけ。

ワクワクとドキドキとゾクゾクが身体中を駆け巡る。

人を殺すというイレギュラーな状況。

ああ、楽しみだ。

89 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 00:07:55 ID:c6jj5vkY0 [2/13]

(*゚ー゚) 「よし」

弟者君とお揃いの水色の包丁。

よし、これでクーちゃんの綺麗な綺麗なお顔にブスリ。

やっぱり、この高校のアイドルは私以外にいないもの。

二人はいらない、私だけ。

90 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 00:08:21 ID:c6jj5vkY0 [3/13]

川 ゚ -゚)「よし」

クソみたいなコンビニのネクタイ。

これで、ドクオを絞め殺す。

もがき苦しむヤツの顔が今から楽しみだ。

91 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 00:08:57 ID:c6jj5vkY0 [4/13]

('A`)「よし」

計画はバッチリ。

放課後の個人レッスンは気分を変えて屋上でしようと誘う。

そこで隙を見て突き飛ばす。

遺書もパソコンのワードで打ち込んだ。あいつはパソコンが好きだと右から左に受け流した雑談の中でぼんやりと聞いた情報がまさか役に立つとは。

あの糸目が死にゆく様を見れるとは俺はなんて幸せ者なんだ。

92 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 00:09:53 ID:c6jj5vkY0 [5/13]

( ´_ゝ`)「よし」

ピンクの花。

これはただの花ではない。

燃やした時に出た煙が人に毒になるというのだ。

妹者がピアノのお稽古、姉者が大学、母者はパートに父者はもちろん仕事。

俺と弟者以外に誰もいない中で、燃やそう、俺は途中で逃げよう。

あいつがいなくなると考えただけで清々した。

93 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 00:11:18 ID:c6jj5vkY0 [6/13]
ーーー
放課後。

(´<_` )「しぃさん、ちょっといいかな」

(*゚ー゚;) 「え?なぁに?」

げっ、クーちゃんを刺す日に限って…そんな…。

私の心の中の天秤が揺らぐ。

(´<_` )「もう気づいてるだろうけどさ…」

(*゚ー゚)

カンペキに弟者君が優った瞬間。

94 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 00:11:49 ID:c6jj5vkY0 [7/13]
(´<_` )「……」

大丈夫。この距離なら逃げられても捕まえられる。

スッとカバンから包丁を取り出す。

よもや、今日実行することまでは気づくまい。

せっかく同じ包丁を買って対策したのに、残ね…

(´<_`; )「え?」

95 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 00:12:31 ID:c6jj5vkY0 [8/13]
(*゚ー゚) 「えへへ…お揃いの包丁…だよね?私も、あの日から持ち歩いてたの」

二人の初めてのお揃いの物。

いつも身から離さないでいるんだよ☆

まさか…弟者君までそう思って、いつも持ち歩いててくれてるなんて…。

(*゚ー゚) 「運命的だね、弟者君」

(´<_`; )「くっ…」

まさか…読まれていただなんて。

一歩、後ろに下がる。
一歩、しぃが迫る。


…ダメだ、今日のところは引くしかない。殺人計画は延期だな。

(´<_`; )「…俺の負けだ。今日のところはな」

カバンに包丁をしまい、帰る。

(*゚ー゚) 「バイバイ」

負け?ああ、恋は惚れたもん負けだもんね。

去って行く弟者君を見送ってクーちゃんの教室へ急ぐ。

(*゚ー゚) 「チッ…」

もう居なかった。

殺人計画は延期ー!

ま、弟者君とイチャイチャ出来たからプラマイ0ってことで。

96 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 00:13:58 ID:c6jj5vkY0 [9/13]
ーーー

('A`*)「す、素直が俺に用があるなんて!!」

よりによって殺人計画の日というのがなんとも悲しいがクーにゃんの前ではそんなことも消え去った。

殺人計画なんざ延期に決まってる。

川 ゚ -゚)「先生…これ…プレゼントです。受け取ってください。今日誕生日ですよね?」

誕生日と間違えたフリなら、プレゼントも不自然じゃあるまい。

('A`*)「全然違うけど!ありがとう!早速つけて見る!」

川 ゚ -゚)「あ、先生…私に…結ばせてください」

('A`*)「は、はい!!」

川 ゚ -゚)「よいしょっと…」

ちょろい。

間違えたフリをして首を締める形になるように結ぶ。

これで…これで…

97 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 00:14:11 ID:c6jj5vkY0 [10/13]

( *´_ゝ`)「せんせー!個人レッスンしよー!」

('A`#)「チッ!」

川; ゚ -゚)「!!」

慌ててネクタイを外す。

まだお縄にはなりたくない。
よりによって、こいつのせいなんて以ての外だ。

川 ゚ -゚)「…やっぱり自分で結んでください、では帰りますから。さようなら」


走って帰る。

殺人計画は延期だ。

98 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 00:14:52 ID:c6jj5vkY0 [11/13]
('A`;)「ま、待て!素直!!」

( ´_ゝ`)「せんせー!早くー!」

('A`#)「うるせー!今日は中止!月曜倍やってやるからさっさと帰れ!」

( *´_ゝ`)「わーい!月曜倍ね!約束!!」

後ろで流石が何やら言っているけど気にしない。

('A`;)「…畜生!!」

どんなに駆けて急いでも素直には追いつけない。

下駄箱から無くなった素直の外履を嘆きながら俺は下駄箱の床を激しく叩きつけた。

99 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 00:15:24 ID:c6jj5vkY0 [12/13]
ーーー
ーー


( ´_ゝ`)「……」

遅い

<ただいまー

( ´_ゝ`)「おかえり、弟…」

∬´_ゝ`)「私よ」

( ´_ゝ`)「…あり?」

∬´_ゝ`)「あーあ、講義が急に休講になっちゃって暇ー!」

( ´_ゝ`)「へー…」

∬´_ゝ`)「あれ?弟者は?一緒に午前授業で早く帰ったんじゃないの?」

( ´_ゝ`)「…知らない」

…殺人計画は延期。

100 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 00:16:05 ID:c6jj5vkY0 [13/13]
ーーー

図書館。

(´<_` )「…どれなら成功するかな」

('、`*川「ミー君、ここ教えてー」

( ゚д゚;)「あ、ああ、いいぞ」

( ゚д゚; )o0(弟者はなんで『世界の殺人』なんて本を何時間も読んでるんだ?)

六日目【延期:日付未定】
06/08|現行コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

けいめ

Author:けいめ
特に書くことはないです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。