,._., ちんまい子のようです
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 19:30:51.79 ID:XSXubnBS0
        


   ピピピピ、ピピピピ。
   目覚ましが鳴る。


   チュチュン、チュンチュン。
   小鳥が鳴いている。


   サンサンサンサン。
   太陽が鳴り響く。

  ,._.,

   ガバッ。
   ベットから私が飛び起きる。


   今日も、私のちんまい一日が始まる。




  ,._.,ちんまい子のようです



       



2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 19:31:56.39 ID:XSXubnBS0
        

   私の名前はちんまい子。
   女子高生。


   所謂JKってやつ。
   

   とってもちんまい。
   ちんちんまいまい。



  ,._., ぅゎぁ


   
   目を覚まし、時計を見るともう8時近かった。

   このままじゃ遅刻してしまう、
   私は急いで洗面所に向かった。

    

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 19:33:14.96 ID:XSXubnBS0
     



   バシャバシャバシャ。
   顔を洗う。


   顔を拭き、鏡を見ると
   そこにいたのはちんまいあたし。 
   

   とってもちんまい。
   ちんちんまいまい。


  ,,_、,  =3 


   
   なんであたしはこんなに小さいんだろう。

   小さな身体に似合わぬ
   大きな溜息が一つ。

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 19:35:53.08 ID:XSXubnBS0
     

   溜息もそこそこに、家を出る。
   だって遅刻しちゃうもん。



            ♪
         ♪ ~
  ○,._.,○  ~



   通学中、私は音楽をよく聞きます。
   音楽はとてもいい、大好きだ。

   
   だって、ちんまい私でも
   おっきい人と変わらず、同じように楽しめるんだから。
   
   私はちんまいから ヘッドホン→○ 
   が、ちょっと目立ってしまうけど


   それでも、いいものだ。

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 19:36:09.38 ID:fo8MQDzEP
  ちいせえwwwww

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 19:37:02.92 ID:KoLdA4noP
  にぎりっぺで殺したい

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 19:37:36.43 ID:XSXubnBS0
       

                         ♪
                      ♪ ~
  ○,._.,○ ぉぉっヵ ぁぃ ぃぃゎ ~


   ヘッドホンをつけて、爆音爆速。
   
   もう、ノリノリです。



  ○,._.,○ ィィ! ィィ!! ィィ!!! ぅ゛ぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!!



   通学中と忘れて、思わず大興奮。
   脳汁がダクダク。
   

   音楽ってやっぱりいいですね。






   ノリノリでいると、いつの間にか
   学校に着いてました。

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 19:38:59.98 ID:XSXubnBS0
  ,._., ゎぁ


     ワイワイワイ

         ガーヤガーヤ


   学校は、予想以上のワイワイガヤガヤっぷりです。
   さあ、今日も一日がはじまる。
   みんなに、挨拶をしないと



  ,._., ォ、ォョー



     ワイワイワイ

         ガーヤガーヤ


  ,._., ......


   ハが発音できてないせいか、
   朝の挨拶をしてもだぁれも返してくれません。

   いや、聞こえてすらないのかな?

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 19:40:46.63 ID:XSXubnBS0
    

   よし、なら頑張ってみよう

   ファイトだあたし。
   頑張れ、あたし。


  ,._., ォ、ォ'`ョ⌒


     ワイワイワイ
         ガーヤガーヤ

  , ._., ...


   頑張ってハも発音したのに、またも、だぁれも気付いてくれません…
   変わらずのワイワイガヤガヤっぷり。


  ,,_、,  =3 


   はぁ。

   思わずまた溜息がでちゃいます。

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 19:42:52.93 ID:XSXubnBS0
     
  ,,_、,  ...... 


   私なんて......
   私なんて............
   
   ちっちゃいから、セリフもちっさい文字しか喋れないし、

   使える記号が少ないから
   髪の毛だって、表情だって凝ったものにできやしません。
   
   
   だって、あたしは
   ちんまいから、ちんまいから......


   このまま彼氏も出来ずに、
   高校生活終えちゃうのかなあ..


  , ._., ...


    なんて思いながら、
   ポテポテと、席に向かいます。

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 19:45:57.91 ID:XSXubnBS0
       

   私の席の周りには、
   ツンちゃんたちの仲良しグループがいました。


  ,._.,  ......ヵヮィィょ


   私じゃできない、
   オシャレをしている彼女たち。


  ξ゚⊿゚)ξ   ζ(゚ー゚*ζ 川 ゚ -゚)


   いいなあ、いいなあ。


   くるくる。
   ドリルパーマもかわいいし

   ゆるゆるパーマもお嬢様っぽくて。

   黒い艶放つストレートも......

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 19:46:51.61 ID:XSXubnBS0
     

  ミセ*゚ー゚)リ  (゚、゚トソン


   そうそう。
   ミセリちゃんやトソンンちゃんの髪型だって、かわいい。

   ミセリちゃんは見た目通りミセっとしてるし、
   トソンちゃんだって思った以上にトソっとしてるもんね。
   この絵師泣かせどもめ。



  o川*つー;)o イイハナシダナー


   キューちゃんなんて、手が三本もある。


  ,._., ィィョ、ィィ


   とっても、羨ましい。

   だって、あたしはちんまいから、あんな事できないんだもん。

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 19:49:45.11 ID:XSXubnBS0
      

   そうそう、言ってなかったけど
   私には、好きな人がいます。


   所謂恋です、どす恋。


   丁度、私の席から見える位置に居ました。


  (´・ω・`)


   ショボン君。

   好きな理由?イケメンだから。

   ショボン君はとってもイケメンです。

   ションボリモヒモヒイケメンフェイスが、
   私のちんまい乙女心を刺激します。


  ,._.,  ァァ…ィヶxω ェェヮ…


   もう、たまりません。

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 19:51:06.28 ID:XSXubnBS0
       

  (´・ω・`)

   どこか知的な雰囲気漂う明瞭さを宿した、その顔も


  (´^ω^`)

   少し下品に笑う彼も


  (´゜ω゜`)

   狂気に歪む彼も


  (´>ω<`)

   かわいこぶる彼も


  (´≧ω≦`)

   かわいこぶりすぎて、イラっとくる彼も



   どの彼も、イケメンで大好きなのです。

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 19:53:38.97 ID:XSXubnBS0
       
  ,._., 


   きーんこぉーんかんこぉーん。


   時は過ぎて、昼休憩。


   私には特に友達もいないので、
   教室の端っこに腰掛けます。


  ,._.,      ょッιョ
  ‘^^


   しゃがむ。

   さりげなくこの状態2行使ってるんだけど
   それでも、やっぱりみんなより小さいのです。

     

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 19:55:14.14 ID:UhEjrL0w0
  2行使ってもちいせえええww

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 19:58:16.66 ID:XSXubnBS0
        

  ξ゚⊿゚)ξ  ワイワイガヤガヤ ζ(^ー^*ζ


   独りっきりのあたしと違って、

   周りのみんなは、
   仲良く楽しそうにお弁当を食べています。



  (´^ω^`) ガヤガヤドスコイ (^ω^ )


   大好きなショボン君たちも
   仲良しグループでもぐもぐタイム。



  ,._.,......ゥ,、ゥ,、


   なんだか寂しくなって。

   せめて擬音だけでも賑やかに
   って、真似してみたいけど、やっぱり寂しいままでした。

     

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 19:59:51.24 ID:XSXubnBS0
      

   やっぱり私なんて......

   いつものように、
   ちんまい身体をさらに折りたたんで落ち込みながら、
   端っこで独りお弁当を食べます。もぐもぐ。


  ,._.,      ぁっぃ ォヵュ
  ‘^^      ぁっ~ぃ、ぉっゅ......ぉぃιぃょ......



  ,._.,     ぃぃ... ゃゎぃゎァ... ぉゃっ ヵッォ  ぉぃιぃょ...
  ‘^^      ぁゃιぃ ヵッォ ぉぃιぃ ょ-



   今日のご飯はォヵュ。
   おやつには柔らかいヵッォも食べます。


  ,._.,     ぉぃιぃ… ιヵι…
  ‘^^     

     

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 19:59:55.39 ID:w9+f8h3sO
  ιぇω

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 20:03:12.83 ID:XSXubnBS0
      
  ,._.,    ............
  ‘^^     


   そう、たしかに、
   お弁当おいしいんだけど......

   毎回ォヵュかヵッォ、たまにィヵとかヵィが入るくらい。
   食べれるものだって、小文字のものしか食べられません。

   それに、やっぱり
   独りで食べると寂しいのです。


   私はちんまいから...... 

   だから独りで、
   さみしく制限されたものを食べるしかないのかな。



   ちんまいから、ちんちんまいまいから。


   そんな時、ワッと大きな声が聞こえてきました。

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 20:05:39.76 ID:XSXubnBS0
         
   @@@
  @#_、_@     
   (  ノ`) 「でよォ、そいつがあんな事するから
        あたしは言ってやったんだ持ち味をイカセッッ!!ってな」



    \  ド  ッ  /



   彼女の名前は母者。

   同じ高2なのに貫禄たっぷり、噂では子供もいるんだとか...
   AAも3行あるし、あたしなんかとやっぱ違うなあ......


   あたしの小さな身体と
   彼女の大きな身体を見比べて、また溜息。

   そして一言。


  ,._., ......ゎァ っょぃ  ぇぃゅぅ ゃ


   そう、私にとって彼女は英雄そのもの。
   母者さんみたいに、なりたいなあ。

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 20:14:29.82 ID:XSXubnBS0

  ( ノ*´_ゝ`)ノ  ハハジャー! ヾ(´<_`*ヾ )


  ,._., ぅ?


   母者さんに見惚れていると、
   一際大きな声が、教室に響きました。


   @@@
  @#_、_@     
   (  ノ`) 「おう?どうしたお前ら?」



  ( ノ*´_ゝ`)ノ□ オベント、モテキター □ヾ(´<_`*ヾ ) モテキター


   @@@
  @#_、_@     
   (* ノ`) 「おお、わざわざ悪ィな」

   やって来た子たちの頭を撫でる母者さん。

  ( ノ*>_ゝ<)ノ ワー ワー ヾ(><_<*ヾ )


   彼らは、母者さんの息子さんたちみたいですね。

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 20:19:00.40 ID:XSXubnBS0
    
  ,._., ゎぁ......


   たしか、どちらも2歳児なのに、
   あたしより、はるかにおっきい。



  彡⌒ミ
  (;´_ゝ`)「コラコラ、お前らー!」


   次いで、入ってきたのは、
   母者の夫でもある、父者先生。


   @@@
  @#_、_@     
   (* ノ`)                     彡⌒ミ
                           (´<_`;) 
  ( ノ*>_ゝ<)ノ  ヾ(><_<*ヾ )


  ,._., ......


   同い年なのに、ここまで大きさも、
   暖かさも違うのかあ、私は想いながら家族を見ていた。
   

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 20:20:06.21 ID:XSXubnBS0
  ぁっぃ ォヵュ 食べてくるゎ 

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 20:22:12.93 ID:w9+f8h3sO
  ιぇωιぇ-ω

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 20:24:30.32 ID:lAMxsrnx0
  ιぇωゃゎ

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 20:25:38.70 ID:KceV0Rvi0
  ιぇω

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 20:36:33.99 ID:w9+f8h3sO
  ιぇω しか言えんのが厳しい

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 20:50:12.12 ID:XSXubnBS0
    

  ,._., ぁ......


   @@@
  @#_、_@     
   (  ノ`) 「ん?どうした?」


   時間は流れて、放課後。

   あたしは思い切って
   母者さんに、声をかけてみた。


   こんなにちんまいあたしだけど。
   母者さんと話をすれば、少しでも大きくなれると思って。



  ,._., ゎぃゎ、っょぃ...?



     

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 20:52:50.71 ID:XSXubnBS0
      

   @@@
  @#_、_@     
   (  ノ`) 「っょぃ?どうした?」


   私は母者さんに話してみた。

   おっきくなりたい事。

   ショボン君がすきで、
   告白したいけどちんまいから自信がもてないこと。



   @@@
  @#_、_@     
   (  ノ`) 「ふふふ、なるほどなァ
         いいぜ、あたしに任せな一流のONNAにしてやるぜ」


   ドンッと母者さんが大きく胸を叩いた。


  ,._., ぅぉぉぉぉぉぉぉ


   私は、興奮した。

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 20:55:34.12 ID:GwQ8LWOeO
  ぅぉぉぉぉぉぉwwwwww

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 20:56:42.68 ID:XSXubnBS0
       

   @@@
  @#_、_@     
   (  ノ`) 「男なんてちょろいんだよ
        ちょっとオシャレしたら、それだけでイチコロだ
        あたしも、それで父者をゲットしたもんだ、よし、いくぜ」

   
   

  ,._., ゎぉ


   母者はあたしの姿を一瞥すると、
   オシャレにするための旅につれていってくれた。

   そう、読者のみんなもお察しの通り
   おしゃれスポットHARAJUKUだ。


  ,._.,  ゎぁ、っゃぃぃゎ ヵゎィィゎァ


   はじめての都会に、ちんまいあたしはどきりんこ。


   そして、HARAJUKUにある、
   おしゃれカット純子の扉を共に開いた。

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 20:57:28.02 ID:LL7k30KD0
  待て
  アイカッチュー(リンク先:オムライス様)

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 21:03:34.75 ID:XSXubnBS0
    
   モニョーン。


   効果音と共に、入店するあたしたち。

     
  川'A`)「あら、いらっしゃい、久し振りじゃない母者ちゃん」


   @@@
  @#_、_@     
   (  ノ`) 「ククク......みねェうちに老けたな店長よ」


  川'A`)「うふふ、たしかに老けたわ
      でも、アタシまだ成長しているの、
      こう見えてもついこないだ、オシャレベル【くわがた】まで到達したのよ?」


   @@@
  @#_、_@     
   (  ノ`)「なに、【クワガタ】だと!?
       エフッエフエフ...やるじゃねーか、あたしはまだ【鼻毛】だから
       随分差をつけられたモンだな......!」

  川'A`)「ふふふ、まだまだアタシも現役なのよ」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 21:05:06.26 ID:fo8MQDzEP
  オシャレベルってなんだよw

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 21:07:15.98 ID:w9+f8h3sO
  クワガタ>鼻毛 なことだけはなんとなく伝わるな
  語感で

  両方ともおしゃれとは遠いけど

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 21:09:56.94 ID:XSXubnBS0
     

  ,._., .........ぃゃゃゎァ



   ハァ。

   目の前のあまりにオシャレな会話についていけず
   私はまた、溜息をつきます。



   @@@
  @#_、_@     
   (  ノ`)「おっと、すまなかったな紹介する、
       おしゃれカット純子店長『ドクオ』だ」



  川'A`)「あら、この子ちんまいわね、はじめまして
      みんなの心のファブリーズ的存在ドクオちゃんよ、よろしく」


  ,._., ぅω......


   あたしはドクオさんのキモさに
   ちょっと引きながらも、アクシュをかわした。

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 21:17:58.04 ID:XSXubnBS0
         

  川'A`)「~~で、今日はこの子をオシャレにすればいいのかしら?」


   @@@
  @#_、_@     
   (  ノ`)「ほう、察しがいいな店長」




  川'A`)「ワカるわ.........この子......
      恋という名のラビリンスに迷い込んでるわね?」


  ,._., !


  川'∀`)「うふふ、なんでワカったの?って顔してるわね
       あたし、こうみえても恋愛マスターだからわかっちゃうわよ」


  川'∀`)「まかせなさい!
       ポケモンでいうとオニドリルくらいオシャレにしてあげるわ!
       あたしはオシャレと魔法を使う、魔法使いさんだもの!」


   そういうと、店長はウインクしながらアタシの髪の毛を切り始めた。

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 21:20:04.79 ID:XSXubnBS0
     


   @@@
  @#_、_@     
   (  ノ`)(AAの大きさ的に、まともな髪型はつけれないはずだ
        だが……不可能を可能にするのがオシャレベル【クワガタ】という次元)   


   @@@
  @#_、_@     
   (  ノ`)「お手並み、拝見だぜぇ…」





   そして2時間後.........

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 21:27:20.96 ID:XSXubnBS0

   2時間後.........


  川*'∀`)「できたわッ!上出来よ!」


   @@@
  :@#._.@: ...ォ゛

   2時間後、そこにあったいたのは
   陰毛のようなグチャグチャな、
   髪の毛の下敷きになっているあたしでした。


   @@@
  @#_、_@     
   (  ノ`) 「エフッエフッ、似合ってるじゃねェか、
        あたしと同じ髪型【陰毛の舞い】......いいセンスしてるぜ
        パンチパーマしか見えねえ。パンチパーマの精みたいだぜ?」



  川*'∀`)「うふふ!ビューティフル!ワンダフル!」



   @@@
  :@#._.@: ぃゃぁぁぁぁぁぁぁ!!!!! ョヶィ ゅぅぅっゃ

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 21:27:57.84 ID:aaIXKPdwO
  これはキレていいレベル

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 21:28:47.88 ID:WBdjUfT2O
  ひどいw

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 21:28:59.25 ID:w9+f8h3sO
  陰www毛wwwのwww舞wwwww

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 21:32:01.77 ID:XSXubnBS0
       

   @@@
  :@#._.@: ぃゃょ、‡?ぃゎ 



   だって、これじゃ、
   重くて身動きがとれないし...
   かわいくなんてないし...ちん毛だし...


   て、いうかどうやって
   ここまで髪の毛ボリュームだしたんでしょう。


   無駄に技術力すごいな...でもでも
   こんなんじゃ、ショボン君は私の事すきになってくれません。

   
   ちんまくて、髪の毛まで陰毛じゃ、
   すきになってくれる訳ありません。

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 21:33:09.96 ID:XSXubnBS0
          


   @@@
  :@#._.@: ヵィ┐゙ッ ゃゎ



   @@@
  @#_、_@     
   (  ノ`) 「そうかい?あたしはイイと思うんだがな」



  川*'A`)「あらやだ、ちんまい子ちゃんには早かったかしら?」




   @@@
  :@#._.@: ィィヮヶ ゎ ぃぃ



   プンスカ。
   私は怒ります。

   もっとかわいい髪形じゃないと
   ショボン君は、きっと振り向いてくれません。

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 21:43:23.31 ID:XSXubnBS0
        

  川'A`)「もう、オマセさんね」


  川'∀`)「ワカったわ!あたしの取っておきをみせてあげる!」


   @@@
  :@#._.@: ......ぁゃιぃ ゎぁ


   @@@
  @#_、_@     
   (  ノ`) (ほう...あの目『アレ』をする気か、ドクオ店長)


  川*'∀`)「大丈夫大丈夫!
       今度はほんとのほんとにおしゃれさんなんだから!
       オシャレンジャーにも加入できるくらいにしてあげるわ!」


   自信満々なドクオ店長...信じてもいいのかな...

   @@@
  :@#._.@:......ョィヵ?ァ-ュ-ォ-ヶ-?


  川*'∀`)「OK!大丈夫!あたしを信じて!」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 21:51:24.42 ID:XSXubnBS0
     
   3時間後......



  川*つ∀`)「.....ふう、いい仕事したわ」


   鏡を見て、吃驚仰天。.



  Σ│‘_‘;│ デ、デカなっとる!?


  │;‘_‘│ な、なんで髪の毛切ってデカくなってるのあたし!?
         あ、それにセリフの文字も...... 


  川*'∀`)「うふふ...だってあたしはオシャレべル【クワガタ】だもの
       それくらい朝メシ前よ」


  │;‘_‘│(す、すごい...チャックはずっと全開なのに...)


   あたしは、仰天した。

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 21:54:33.45 ID:XSXubnBS0
        

  川*'A`)「すごいでしょ?すごいでしょ?
        うふふふふ...あ、でも気をつけて」



  川'A`)っ 「そのカットの効果が続くのは、一日だけだから」


  川'A`)っ 「一日すぎると、また元に戻るわ」


  川'A`)っ 「考えて、行動してね」



  │‘_‘│ 一日......

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 22:03:15.40 ID:XSXubnBS0
      

   なら、元に戻る前に告白しないと......

   私は母者さんとドクオ店長にお礼をいうと、
   そのまま悶々と考えながら、帰路についた。



  │‘_‘│ 一日......


   念願の通常AAサイズにはなれた。
   でも、このサイズにいられるのは一日だけ。
    
   明日ショボンに告白してOKされても
   明後日にはまた元のちんまいあたしに......



  │´_`│=3


   私は今日一番の
   大きい溜息をハァと吐いた。

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 22:07:06.04 ID:w9+f8h3sO
  高崎美和さん系の顔だったんだな

  しえん

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 22:08:41.35 ID:XSXubnBS0
           
   次の日。


   ピピピピ、ピピピピ。
   いつものように目覚ましが鳴る。


   チュチュン、チュンチュン。
   いつものように小鳥が鳴いている。


   サンサンサンサン。
   いつものように太陽が鳴り響く。


   いつもと違うのは


  │‘_‘│

   ベットから飛び起きた私。


   私のちんまくない一日が始まる。

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 22:11:03.08 ID:XSXubnBS0
       

                ♪
             ♪ ~
  ○│‘_‘│○  ~



   いつものように、
   音楽を聴きながら登校。




  │‘_‘│(……)


   そして、学校に着く。

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 22:15:42.30 ID:XSXubnBS0
       
   ショボン君を呼び出す。


  (´・ω・`)「用事ってなに?ちんまい子さん
        って、アレちんまくない......」


  (*´・ω・`)「ビィーティフル!」


   そう、ちんまくないあたしは
   全盛期のパフィーの右くらいかわいい。
   そこそこビィーティフル。でも......



  │‘_‘│これは、本当のあたしの姿じゃないの


   いいながら、ドクオ店長にセットしてもらった髪の毛を崩す
   あたしがとった選択、それは
   ドロン。

  ,._., ......


   ありのままの自分で、告白すること。

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 22:20:06.13 ID:XSXubnBS0
      

  ,._., ゎι ゃぉぃヵ゛ぉヵッ゛ょ


  (;´・ω・`)「いきなり何を」


  ,._., ヮヵぃ ぉヶッ ぃぃゎぁ τ゙ヵぃ ヶッょ?ぃぃヶッ。


  (;´・ω・`)「......」

   
   性癖を、カミングアウト。
   あたしが母者さんやドクオさんと居て学んだこと。
   それは、ありのままの自分を出すこと。

   ちんまいからってそれを免罪符にして
   逃げてちゃいけない、だから、だから

   ありのままの自分を伝えて
   それでそれで、すきです、付き合ってください。


  ,._., ......ョィヵ?ァ-ュ-ォ-ヶ-?


   告白、した。

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 22:23:30.15 ID:XSXubnBS0
        

  (;´・ω・`)「ご、ごめんね!僕大きい子が好みだから…」


  ,._., ......ぃゃ-、ょぃゎ、ィィョ



   振られるってわかってたけど、
   やっぱりいざフラれると、哀しいもの。


   でも、いいんだ、これがあたしなんだから。


   ちんまいのが、あたしなんだから。
   ちんまいからって、逃げてちゃダメなんだ。

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 22:24:36.41 ID:XSXubnBS0

   次の日。

   ピピピピ、ピピピピ。
   目覚ましが鳴る。


   チュチュン、チュンチュン。
   小鳥が鳴いている。


   サンサンサンサン。
   太陽が鳴り響く。

  ,._.,

   ガバッ。
   ベットから私が飛び起きる。


  ,._., ......

   鏡を、見る。
   そこには、やっぱりちんまいあたしが居た。

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 22:27:19.82 ID:XSXubnBS0
    
   でも

  「おーいさっさといくぜー」

  「いくわよー」


   外から聞こえる声。


  ,._., ぃ<ゎー


   あたしはもう独りではなかった。 
   ちんまくても、友達が出来る。

   もうちんまいを理由ににげることはしない。


   相変わらずちんまい身体と
   少しだけ大きくなった心で、

   あたしは元気よく、学校へ向かった。



   

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 22:27:40.20 ID:XSXubnBS0



  │‘   ‘│
  │ _  │ < 終☆


129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 22:34:16.65 ID:WBdjUfT2O
  これ罪人とは関係ないのか?

132 名前: ◆TR2vneJwo2 :2009/06/07(日) 22:43:41.47 ID:XSXubnBS0
  >>129
  ないです。

  みんな読んでくれてありがとね


  ,._., < ぉっ

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 22:50:17.26 ID:lAMxsrnx0
  メロンかよwwww

135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/07(日) 22:52:52.04 ID:w9+f8h3sO
  めろんだったか
  初めて読んだわ
07/16|青春コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

けいめ

Author:けいめ
特に書くことはないです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。